紅蓮燭堂立ち上げ奮戦録その13

ペンキ塗りは楽しい。

しかし養生がもっっっんのすごく嫌いなポリンキーです。

当社比で申し上げると風呂に入るのと同じくらい養生が嫌いです!

どちらも必要なのは承知しているので風呂もいやいや入るし

養生も文句タラタラ&いやいやしてましたが

この度そんな不精な子羊年のあっしに神降臨!

スラム男子の友達M君の強力助っ人のおかげで作業効率&仕上がりクオリティが格段アップ///

養生が丁寧だとほんと塗りやすい!

あっしだったらココロが複雑骨折レベルの

めんどくさい部分まで丁寧にカバー、

こんな神が存在するならこの世も捨てたもんじゃないな…

M君の神養生によって二日間で壁の残りとカウンター

塗装が終了しました

翌日は電気工事、

店内の学習塾のよーなカンカンの蛍光灯を外し

ついでに外のきったない蛍光灯も外してもらい

そして10月4日(水)、現勤務中のクイーンユリザベス料亭から

ヨレヨレの二日酔い朝10時帰りのあっし、シャワーは浴びても

メイクはそのまま憧れブランドタニコーさんの新品の二槽シンク搬入!


そういえばずっと賃貸生活なので
新品のシンク様と向かい合うのは初めてじゃないか・・
パンツは替えてるけど顔洗ってなくてごめん、ほんとごめん。


そして再び神を召喚、

これまたきったない三銃士である外枠、サッシ、シャッターを神に養生を丸ぶりしつつ塗り直し



だいぶ見られる姿になったね///(すでに親バカ発動

アルミサッシに使った下地剤のミッチャクロンが
すっっごくいい香りだった件については

また別の機会に。








紅蓮燭堂

わずか1.87坪の極小空間で ワインの旅に出ないかい? :::::::::::::: JR高円寺高架下を阿佐ヶ谷方面へ徒歩1分、蘭丸亭さんと大万さんの間にあるほぼほぼ立ち飲みのワインバー。店主が呑みに呑んで選んだ紅蓮燭堂ならではの少数精鋭ワインたちが誘うグラスの中の小旅行。貴方の口福と好奇心を満たす一杯に出逢って頂けたらとても嬉しいです

0コメント

  • 1000 / 1000