タルチュフはロマンティックがとまらない

本日は新酒解禁日、普段はアルコール度数の高い濃密なワインに惹かれがちな店主ですが、そんな自分でもここんちの子は毎年旨い!と思っているヴィラージュ・ヌーヴォーを2種ご用意しました!

左:歴代のヌーヴォーで最高金賞に選ばれた凄腕生産者が集結して生み出される、

例えるならフジロックで極太文字で表記されるミュージシャン達のミニアルバム的なヴィラージュ・ヌーヴォー。

凝縮感ある味わいは「ボジョレーヌーヴォーって軽すぎてちょっと…」という方にも美味しいと思っていただけるはず!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

右:新酒らしいフレッシュさの中にもピノ・ノワールに通じる

エレガントさと馥郁とした味わい。

大人になったらものすごい美人になっちゃうんだろうな、というポテンシャルを感じるヴィラージュ・ヌーヴォー。

極少数仕入れのため、お早めにどうぞ^^

そしてこのスタイリッシュなエチケットはどちらもあっしの旧友デザイナーが手がけているんですぜ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみにボジョレーヌーヴォーといえばもう笑いのネタになるくらい秀逸な

毎年の評価の超ポジティブ表現。

ちょっとコピペしてみたよ!

95年「ここ数年で一番出来が良い」 

96年「10年に1度の逸品」 

97年「1976年以来の品質」

 98年「10年に1度の当たり年」

 99年「品質は昨年より良い」

 00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」

 01年「ここ10年で最高」

 02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」 

03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」

 04年「香りが強く中々の出来栄え」 

05年「ここ数年で最高」

06年「昨年同様良い出来栄え」

 07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

 08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」 

09年 「過去50年でも素晴らしい出来」 

10年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」 

11年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」 

12年「ボジョレー史上最悪の不作」

 13年「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」 

14年「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」

15年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

 16年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」  

…フォローしきれなかった12年を今一度飲みたくなるのはあっしだけですかい?

そして気になる2017は

「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。しかも、一層溌剌(はつらつ)としていて、優美さという点でもレベルが高い」 「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」 「フレッシュな香りと上品なタンニンがある、まろやかな味わいのワインが期待できる」

…だそうなのでぜひ皆さんの味覚で検証してみてください^^


店主的には毎年の評価が発表されるたび、

宮崎駿の引退するするコメントみたいだと思ってしまうのはここだけの秘密なんだぜ…


紅蓮燭堂

わずか1.87坪の極小空間で ワインの旅に出ないかい? :::::::::::::: JR高円寺高架下を阿佐ヶ谷方面へ徒歩1分、蘭丸亭さんと大万さんの間にあるほぼほぼ立ち飲みのワインバー。店主が呑みに呑んで選んだ紅蓮燭堂ならではの少数精鋭ワインたちが誘うグラスの中の小旅行。貴方の口福と好奇心を満たす一杯に出逢って頂けたらとても嬉しいです

0コメント

  • 1000 / 1000